抗癌剤 10回目(エルプラット抜き4回目)初日

昨日12日月曜日の初日の話です。

 

早めに寝るつもりが11時頃就寝。いつものように5時半に起きる。
喉の痛さ、足裏の違和感もいつもどおり。他も同様。

 

今回のテーマは2つ「喉の痛みの軽減」「今後の治療方針」だ。

 

「今後の治療方針」に関しては、前回の予定通り。

 

がんが増大しているかの確認のためにCT検査を入れる。CTの結果しだいだが、次回からエルプラットを再開。「オーダーは入れておく。」との事。

 

やはり現実は甘くなかった。3週間ごとの、エルプラット無しのゆるい抗癌剤生活。これでがん細胞を抑えられたのならどんなに楽だっただろう。だが、「休み」は終わり、、、かも。まあCTの検査次第だけど。

 

数値を見る限りでは「少しばかりやばし」な状況。がんマーカーCEA、肝臓の状態を示すLDH、そして数日前に私を狂喜乱舞させたCRPの値(まだ基準値内だけど)まで上昇している。

 

とりあえず次回からエルプラットを復活させ、前と同じように効いてくれるかどうか?
そのへんから再スタートですね。

 

このへんは前回からの予定事項だったので「やっぱり」程度の事だったのですが、嫁が思った以上にショックを受けている感じがする。ちゃんと話してはいたんだけど、「目の前の事実」になると、やはりちょっと、、、かもしれませんね。「疲れ」で寝こまなければいいけど。。。

 

疲れると嫁の場合「めまい」「吐き気」が起こる。だいたい朝からそうなって、その日は起きられない。

耳鼻科に行って薬はもらっているのだが、めまいがする時の対処で、「つかれ」に対する対処がない。最近の疲れやすさは、かなり気になるレベルなので、何とかならないのかと思っていた所、私の行っている「漢方内科」へ関心をしめし始めた。

 

私 のお世話になっている病院は、漢方内科もあって、「鼻水が止まらない。」と言ったら予約を入れてくれた。今回のもうひとつのテーマの「喉の痛みの軽減」 も、担当薬剤師さんの指示通り「漢方内科」で聞いてみてたら対応してくれた。さらに「抗癌剤の気分の悪さの対応もできるので、困ったら言ってね。」との 事。「言えば何でも出てくるんか?」と感心した。

 

この事を嫁に話すと「私も行ってみようか」と言い出し、調べてみると「めまい」とかも対応してくれるみたい。初診の場合は別途費用がかかる(基本的に紹介状のある人の為の病院だ)が、ものともせずに予約をいれる事に。(完全予約制なので)

 

週に2日、午後だけの先生なので、だいぶ先の予約になったけど、最近の疲れやすさも含めて対応してくれたらうれしいな。