事実をもって示す

鳥越さんが小池さん(この名前を聞くと、どうしてもラーメンが頭をよぎるのはなぜだろう?)にゴルァしたニュースをみました。

同じ大腸がん経験者として、がんサバイバーを応援するべきなのに、なぜかラーメンが、、、いや失礼、違和感を覚える。

「病み上がり」という言葉に激怒したそうだが、じゃあ病み上っていない俺ら「病み最中」はどうなるんだろう?

とか、(なぜか森三中が頭をよぎる、、、)

そんな「言葉狩り」してどうするつもりなんだろうか?

とか、

それよりは政策論議はどうした?

とか、、、 いろいろ違和感ありまくりのニュースです。

同じ大腸がん経験者として、がんサバイバーを応援するべきなのに、共感できないのはなぜだろう?

同じ大腸がん経験者としてやって欲しい事は、「俺らでもここまでできる!」という事実を示して欲しいのです。

具体的で実行可能と思える、ちゃんとした政策論を誠実に真摯に語り、その上でがんサバイバーとしての経験が多くの人の為に活きてくることをアピールしてほしかった。

これじゃ、「選挙戦でのイメージ戦略の為にがんサバイバーを使っているだけ」という印象しか抱けなくてさびしい。

がんばる所はそこじゃないだろう?

「病み最中」(森三中じゃないよ)のオイラでも、「ここまでできる!」という事実を示して仕事を取り、それによって家族の幸せを実現しようとがんばっているんだよ。

やるべき事は「事実をもって示す」事だと信じている。

だから、そういう姿勢をみせて欲しいと切に願う。

と言うおいさんは、実は東京都民ではない。だから関係ないと言えば関係ないんだけどね。。。

これって公職選挙法とかに抵触するんだろうか?