リンパ球をチェックせよ!

昨日読んだ本では、がん治療ではリンパ球に注目だとか。リンパ球比率が30%とか35%以上で、リンパ球数が1500とか2000以上だと予後の経過が良い傾向になるらしい。

では、どうやってリンパ球を増やすか?

黒斑点のバナナとかニンニクとかがあるけど、ズバリ「体温を上げる」のが良いそうだ。
という事で、室内温度27度にもかかわらずウルトラライトダウン着ちゃっています。

では、本日の抗癌剤5回目開始前の血液検査の結果やいかに?

癌マーカーの値、CEA(最大5.2)、前々回脅威の4桁、前回3桁に減少。そして今回、さらに2桁に減少。(抗癌剤2回に1回の割合で測定)まだ高いけど、減少傾向なのは、うれしい!
白血球は、前回6.14。リンパ球比率36.2%でリンパ数約2.22。今回は8.29。リンパ球比率32.2%でリンパ数約2.67。(単位:千)

「がん患者さんあったか」作戦、効果がでているかも?

実は、昨年の手術後から夏でもエアコン無しで靴下履いて寝ています。片肺を1/3切った時に「今、肺炎になると、生きるの、死ぬのって話になるので気をつけて。」とドクターから言われたのがきっかけでした。

さらに私の場合、抗癌剤の副作用の指先のピリピリが冷えから来るので、暖かくすると副作用が楽になるかも?と思って厚着をしていました。そのせいか?リンパ球の数値は上向き傾向です。

いい感じになれば嬉しいです。