そうだ、抗癌剤、さぼっちゃおう!

「抗癌剤が効いている限り、できるだけ長く続けたいので、無理せず適度に休みを入れて下さい。」と、おもしろキャラの薬剤師のオネーさんに言われていた。

抗癌剤治療を、まだ効いているにもかかわらずAパターン、Bパターン、Cパターンと変更していき、元にもどれないのは副作用のせいだとドクターからは言われた。

効かないから変更するのなら理解できるが、効くことがわかっているのに使えないのは、かなり厳しい状況だと思う。

という事は、今の抗癌剤が効いていそうなので、これをどこまで継続できるか? 言い換えれば、どこまで副作用をコントロールできるか? が、結果的に生死を分ける事になる。

正直、今回はきつかった。特に胃痛(腹痛)が3日続き、その間へたばって動けなかった。本当は、その症状が出た時に、病院に連絡し診察に行くべきだが、その元気がない。

さらに、指先のしびれがだんだん気になってきた。

という事で、早くも4クール目終了時点で一発「サボり」をぶっこんじゃおうと決めた。

次回、ドクターに相談してみます。

ちゃんとさぼれるか?

それとも副作用の主要因の薬を中止、もしくは減量する方法を選択するのか?

楽しみです。