えー、勘違い?

やっぱ聞いてみるもんやなあ。。。

先週聞いたのは、、、

抗癌剤をやらなければ半年の命。

やっても3年で、1~2%の人しか生き延びれない。

要するに、やっても3年。

だめやん、、、

そんなんじゃ抗がん剤やる意味ないし、、、

拒否ろうか?

本気でそう考えていた。

それにしてもどうして、そんなに事態が悪化したのだろう???

そこがとっても素朴に疑問だった。

今日、この点を聞いてみました。

そうすると、、、

3年で死ぬ訳ではなく、3年やっても治るのは1~2%。

要するに「治す治療ではなく、延命の治療である事」が言いたかったそうだ。

では、生存率は?

それはわからんそうだ。短い人から長い人まで様々。

「平均値」も意味がないので「中央値」を使うそうだ。

で、私のようなステージ4の生存中央値が約3年。

私は、以前の20ヶ月というデータを覚えていたのですが、どんどん伸びているそうです。

このヘンの話がごっちゃになって、パニクった私の頭で上記のようになっていたらしい。

いやいや、、、よかったよ。

延命の治療? かまわないさ。それで十分。

癌は自分で治すもの。手術も、抗癌剤も、サプリメントも、サポート隊だと思う。

強力なサポートではあるが、癌は自分で治すもの。

チャンスをゲットする時間が長ければ長いほど有利になる。

酒止めて、食事も変えて、安物のサプリもやってみて、これで行けるか? と思っていたが、まだ足りない事がわかった。

でも、さらにチャンスをひろう時間があるのなら、まだまだ希望は大きい。

必生の信念でがんばろう!!