3日でベジタリアン化中止。「がん細胞飢餓化作戦」失敗。

多くのがん患者がやっている(と私が思い込んでいる)事に「食生活を見直す。」と言うのがある。
さらに、がんは糖分をエサにして育つそうだ。なので糖分を控えれば「がん細胞飢餓化」につながると考えた訳だ。

具体的には「野菜だけで生きていく食生活」の実践である。

多くのがん患者がやっている(と私が思い込んでいた)食生活に「玄米菜食」「果物はよい」「四足の肉はダメ」みたいなのがあった。

突き詰めていけば「野菜だけの食生活」ならば完璧ではないかと考えた訳だ。
まあ、完璧とはいかないが1日3食中2食までを野菜、果物でサラダにしたり野菜ジュースにしたりして過ごしてみた。

野菜ジュースでは味を整える為、バナナを入れたりする。バナナの糖分はどうなんだろう? という素朴な疑問を感じながらもとりあえずやってみた。

が、3日でギブアップになった。

体重は3kg減ったけど、フラフラになり、体力は落ち、最後は頭痛が始まった。

このままでは手術に耐える体力が維持できないと考え、たった3日で中止となった。

その後、いろいろ調べて私には糖分を制限する「がん細胞飢餓化作戦」は無理だという結論になった。

これまで、食事に関して嫁や母親に「あれはイカン」「これはダメ」とややこしいことを言っていたが、これ以降はあまり難しいことを言わなくなった。

がんが発覚する前は、家族のメニューはそれぞれで、私は「ラーメン、唐揚げ、ビール」みたいな生活を毎日送っていた。

要は、糖分控えめで野菜中心のバランスのとれた食事であれば良いと考えた。

よく見ると、嫁の食事がまったくそのパターンだった。野菜中心で肉は月に1回くらいしか食べない。(それも黒豚とか、結構良いやつ)

なんだ、嫁と同じものを食べれば良いのか。 と言う事でとりあえず納得した。