手術後から退院まで

今度は早いです。前回2週間弱の入院期間だったので、今回もそれくらいと想定していた家族は、あまりの速さにびっくりでした。で、受け入れ体制の問題と、前回、退院してから調子が悪かったので、今回はすこし退院の時期を遅くしました。

◆ 2015年7月23日、2度目の手術後1日目です。(書いているのは後日です)

朝からワキが痛い。
レントゲンは車椅子で行き、歩いて帰る。その後、気持ちが悪くなった。
朝、尿管が抜かれた。が、尿がなかなか出ない。
あっちこっち痛い。

午後、奥歯の痛みがなくなった。疲れのせいか?
午後2時、お着替えですっきり。
午後には普通に歩けるまでに回復。

◆ 2015年7月24日、2度目の手術後2日目。

咳でワキが痛い。朝方、痛み止めが切れる頃だからか?
パイプと点滴が抜けた。これで自由の身だ。

今回、パイプは普通にひっぱって抜くのではなく、周りに麻酔を打って抜き、ホチキスみたいなのでとめた。このやり取りを聞いていて隣のオバちゃんがビビってた。隣のオバちゃんのは、普通にひっぱって抜くだけで麻酔やホチキスはしないのだけど、、、

午前11時 リハビリに行く
リハビリ室は楽しかった。人の話や気配がうれしい。

午後、病室が変更。憧れの窓際でうれしい。

◆ 2015年7月25日、2度目の手術後3日目。

朝5時すぎに目が覚める。9時に寝たので8時間は寝た事になる。
6時半頃看護師の巡回。カーテンを開けると眩しい朝日が!朝日を浴びるのは久々だ。
その後、痛いみたいなので朝の薬をワンセット飲んでみる。

早くも退院のご相談が来た!

さっき先生が来て、「だいぶ経過がよく、人によっては退院してもよい状況だけど自分ではどう感じていますか」と言ってきた。
「前回はりきって退院したら、退院後に熱だしてたいへんだったので、今回は慎重に行きたい。」と答えていたが、、、

午後、シャワーをあびる。始めて傷口を見た。前回よりもすごい。
とにかく土日はゆっくりすることにする。月曜日からリハビリだ。と勝手に決める。

◆ 2015年7月26日、2度目の手術後4日目。

朝方4時、片方の肩が張っているので筋肉が痛みで硬直しているかもしれない。痛み止めを追加。その後、よく寝れた。
手術後、初めて「横向き(手術面は上)」で寝れた。引きつられて痛いが「すごい痛い」訳ではない。

少し歩いてみたが、体がまっすぐに立っていない。まだ片方が萎縮している感じ。ちゃんと歩くトレーニングをしよう。

さらに階段を上がってみた。3階分は行けたが、4階分になるときつかった。すごい息切れが起こった。まるで50mダッシュしたみたい。なめちゃいけんなあ。

◆ 2015年7月27日、2度目の手術後5日目。

朝の散歩、歩き始めは咳がでる。まだまだ呼吸が浅い。
午前中、アップダウンにチャレンジ。上りが早いと呼吸が苦しくなる。

リハビリ時に、頼み込んでシチュエーション別血中酸素濃度と脈拍の測定をお願いした。
咳が出ると血中酸素濃度が下がる。
階段を登って息が上がると脈拍が上がるが血中酸素濃度は下がらない。
という事がわかった。
肺が小さい分、脈拍を上げて対応しているようなので、その分心臓に負担がかかるとの事。
早く肺を大きくしないと。

◆ 2015年7月28日、2度目の手術後6日目。

退院に当たって、咳止めと痛み止めを出してもらうことに。
咳止めはすぐに出てきて、今日から飲んでみることに。

◆ 2015年7月29日、2度目の手術後7日目。

無事、退院できました。

肺の手術後は、おとなしくしているとまったく平気ですが、早い動きが出るとゼーゼーハーハーなってしまいます。

あと、喋り出しや動き出した時、深呼吸した時にカラ咳が出ます。
徐々に治まってきていますが、何ヶ月かかかると思います。

それと「風邪」「肺炎」には要注意です。肺が小さいので「風邪」をこじらせて「肺炎」になると「死ぬの、生きるの」という事態になる可能性が高くなるそうです。

当面は、外に出るときはマスクをするようにします。

2度目の手術で片肺1/3切除

肺の大きな腫瘍を摘出。ここで大腸がんステージ4決定。片肺1/3を失う。

2015年7月22日、2度目の手術日当日です。2度目の手術は肺の腫瘍の摘出です。(書いているのは後日です)

手術は予定通り朝から始まったが、当初の4時間をかるく超えて、6時間近くになったらしい。(本人は意識がないので)

手術後、前より回復が早い。当日にはすでにペラペラしゃべっていた。
手術した側の奥歯の上下と、胸と、腰が痛い。
麻酔のかかっている間は深呼吸が出来た。
夜中に痛み止め効きが弱くなったら、呼吸が浅くなった。

夕方先生が来て説明を受けた。
肺の上部1/3をガバッと切ったそうだ。予定では残る部分は残したかったが残らなかったそうだ。
変な独自機能(実は奇形があった)も、これがあると残った部分に空気が行かなくなるのがわかったので切ったそうだ。

これでだいぶすっきりした。

大腸の時と違い、夜中にはベットの上で密かに動く練習ができた。結構元気。
というか肺腔鏡の手術ってすごい。肺切ったのに全然元気だよ。

いざ、2回目の入院に!

2015年7月21日、2度目の入院生活がスタート。(書いているのは後日です)
今回も無線LANを申請してPC持ち込みで入院。

まずは普通の採血と動脈からの採血を経験。普通の採血より痛かった。
昼飯はご飯を1/3残した。全部食べれたけど太るから。
午後4時にお風呂。
忘れてたけど、夕方回診があった。「ごぶさたしてます。」的なスタートで「傷口はどうですか?」と言う話になった。
夕食は、あえて完食。明日1日食べられないから。

今回のがんの手術って、完全に精神戦だね。

痛くも痒くも無い。なので普通にしていれば良いだけだけど、全身麻酔や肺を切り取るという「情報」だけで、奥歯を数本同時に抜く前日くらいびびったり不安だったりしている。平常心のトレーニングの成果を見せよう。

がんばれ>自分!