大腸の内視鏡検査でいきなりのがん宣告!

大腸内視鏡検査でいきなりのがん宣告。さらに3時間かかって8つのポリープを切除。内1つは3cm級の悪性だった。

前回、近所の診療所で取った十二指腸のポリープは問題なかったので、次は大腸の検査ということになった。

写真の商品は、検査前日に食べるように支持された食事のパック。

4月2日(木)に、大腸の内視鏡検査予定の病院に事前の診察に行く。

4月21日(火)に大腸の内視鏡検査。

朝から朝食抜きで下剤を飲んで歩いたりさせられる。
なんとか準備がととのい、午後から検査スタート。
他の方は点滴をしてボーっとしている状態で検査するようだが、私は点滴なしで痛み止めの注射のみ(だったと思う)。
何故かと思っていたら、例の先生のライブショー付きの為。
で、、、いきなりの「がん宣告」。

私のがんはS字結腸にあった為、内視鏡を入れてすぐに発覚したわけです。

さらにポリープも8個発見。大きいのは3cmクラスのものがあった。

がんだけを残し(細胞は検査の為3箇所採取)、ポリープすべてを処理するのに約3時間程度かかった。

「こんなに時間をかけて良いのか?」「次の人の立場は?」と心配していたのですが、「俺は1日に一人しか診ない。」と言われ納得。

普通の内視鏡検査の場合、1人30分程度らしいので、すべて取りきる事はできなかったはず。その場合「後日再スケジュール」となると思うのでラッキーだった。実際、私が終わった時、その日、いっしょに検査を受けた10名以上の方はすべて終わっていました。

そして、大きなポリープを取ったので、人生初の「一泊入院」ということになりました。

いきなりの「がん宣告」で動揺して一睡もできないと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、3時間に渡る「手術」で疲れたのもあり、午後7時過ぎには寝てしまった記憶があります。

翌朝、先生の診察があり、そこでも再度の「がん宣告」。
実際には検査しないと断定できないが、プロの目からみてほぼ間違いない。との事。

で、今後の話となる。

「行きたい病院があれば紹介状を書く。その場合、最初の内視鏡の検査から始まることもある。この病院で進めるのであれば、すでに朝の打ち合わせで話を通してあるので、すぐに外科に行ける。どうする?」と聞かれる。あと、手術は腹腔鏡で行うとかの説明もあった。

これも何かの縁と考え、早いほうがよいので「じゃあ、ここでお願いします。」と即答。逆に「こんな田舎の病院で良いのか?」と聞き返されました。その後、すぐに外科外来に行くとこに。

とにかくバタバタでいきなりの展開だったが、前日から「がんだ。」「がんだ。」「でも大腸がんは切れば治るから。」と連呼されていたので、なんとなく慣れてしまって、あまりショック等は感じなかった。

胃の内視鏡検査

胃の内視鏡検査の為、前日から酒はストップ。ご飯も午後9時まで。
検査の先生は他の病院から来た専門のドクター。ディスプレイにカメラの映像を写し、解説しながらのライブショーをやってくれる面白い先生。
この先生のおかげで人生初の胃の内視鏡を何とか乗り切る。
胃には特に問題がなく、十二指腸に小さなポリープがあったので取った。
この夜もお酒はダメだそうで、、、

検査後、ドクターの診察。
「胃に問題が無いようだけど、検便で下血も出ているようなので、今度は腸の調査を行うように。」との事。
腸の検査はここではできないので、検査する病院は「隣駅の大学病院」か、「終点まで40分ほど乗った所の病院」か、の二択だとのこと。
「隣駅の大学病院」はわかるが、「終点まで40分ほど乗った所の病院」は何故に? と聞いてみたら、「今日の先生がそこから来ているから」とのこと。
その先生のライブショーは面白かったし、検査なんて1日だけだし、これも何かの縁だし、多少遠くても良いかと「終点まで40分ほど乗った所の病院」で即答。
結果的にこの決断は正解だったのですが、この時は「1日だけの事」と思い込んでいました。

下痢が止まらない、、、

体調が悪いのでちょっと近所の診療所に行くことに。
普段から下痢と便秘を繰り返していたのですが、最近下痢が止まらない。
市販の胃腸薬を飲んでいたのですが、ちょっと違うようです。
なので気楽に薬でももらうつもりで行ったのですが、、、

いきなり点滴をされるは、検便の指示をされるは、自動的に胃の内視鏡の検査のスケジュールまで入ってしまった。。。